仕事の日と休日の朝、効率よくすすめるためのヒント

Uncategorized

結婚してからはもちろん、子供が産まれてから朝の時間はバタバタになりました。

自分の準備にくわえて、家族のお弁当の準備、家事など自分の時間なんてとても持てませんでした。

ストレスもたまり夫や子供にイライラする悪循環・・

そんな自分でしたが、朝に自分の時間を持てるようになったきっかけをかいていきます。

すこしでもヒントになれば幸いです😊

平日の朝のルーティン

朝にやることリストをつくる

まずは、紙にあさやるべきことを書き出しましょう。

「え?それだけ?」と思うかもしれませんが、これはかなり効果的です。

まず、やることが多すぎると毎日の事とはいえ、忘れてしまう事もでてきます。

そうすると、覚えておくために脳内のメモリがつかわれます。

それだけでもストレスとなり、疲れる原因になるのです。

書き出すだけで、頭で覚えておかなくてもメモをチェックするだけで、いいのでかなりラクになりました。

そして、それらをすることに、どれだけ時間がかかるのかの指標にもなります。

リストを作るときのコツとしては

必ずやる事(弁当作り、朝食など)、時々やること(ゴミ出しなど)、できればやりたいこと(趣味、勉強)を

分けて書くことがおすすめです。

こうしておけば必ずやることが終われば、あとはオマケなので行動しやすいです。

夜にまわせるものは夜にする

リストの中で、夜にまわせそうなものはありますか?

必ずしも朝でなくてもよいものは、夜にまわしましょう。

筆者は、友人が夜に洗濯物をしていると聞いて真似をしたらかなりラクになりました。

冬の時期は暖房をつけたまま寝るので、乾燥対策にもなり、意外とよく乾きます。

リストをもとに逆算して何時に起きるかを決める

何となくでいいので、リストの行動をするためには、どれだけ時間がかかるのかを計算してみましょう。

それをもとに、起きる時間をきめます。

まず、必ずやることを見て、最低でもどのくらいに起きればいいのかがわかります。

さらにできればやりたいことリストで、もっと早く起きることができれば、

一日のうちで生産性がもっとも高い時間を有意義にはじめることができます。

休日の朝のルーティン

休日は平日よりも時間があるので、平日にはなかなかできないことをやります。

床掃除(ワイパー、掃除機)、トイレシート変える、窓ふき、洗面所など

気になるところに目星をつけて、やることはその時々で違いますが。

定期的にしておけば、汚れもたまらず、時間もかからず、つねに気持ちがいいので

平日のルーティンにプラスアルファでやってしまいます。

おわりに

いかがでしたか?

特にあさのルーティンを書き出すことで、朝の時間に余裕ができ、好きなことに使える時間が

大幅にふえました😊

あさは一日のうちでもっとも生産性が高いといわれています。

特に夢や目標があるひとは、朝に勉強したかったこと、やりたかったことをしてみてください。

大きく人生が変わっていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました